2022【エプソムカップ(GIII)】出走予定馬!! 春の東京連続GI開催の余韻が残るターフで、スター候補生は誕生するのか!?

どうも競馬大好き育メンのYOSHIです。

2歳新馬戦が始まり、今週末からは夏の北海道シリーズ開幕!! 競馬は早くも夏競馬かぁ~


第39回 エプソムカップ(GIII) 1800m 芝・左

ガロアクリーク 56石 橋 牡5
コルテジア 56三 浦 牡5
ザダル 58レーン 牡6
ジャスティンカフェ 56横山典 牡4
シャドウディーヴァ 56坂 井 牝6
タイムトゥヘヴン 56戸 崎 牡4
ダーリントンホール 56ルメール 牡5
トーセングラン 56田 辺 牡6
トーラスジェミニ 58 原 牡6
ノースブリッジ 56岩田康 牡4
ハッピーアワー 56長 岡 牡6
ヤマニンサンパ 56川 田 牡4

注目馬情報

ガロアクリーク】 父キンシャサノキセキ×母ゴールドレリック

  重賞1勝

1着 2着 3着 着外 出走
回数
連対率 複勝率
芝・左   1   0   0   3   4  0.250  0.250
東 京   1   0   0   2   3  0.333  0.333

除外明けで挑んだ昨年の同レースは12着に終わったが、今年は一度叩いて挑むだけに前年以上の成績も期待できる。

ザダル】 父トーセンラー×母シーザシー

  重賞2勝

1着 2着 3着 着外 出走
回数
連対率 複勝率
芝・左   4   0   1   3   8  0.500  0.625
東 京   2   0   1   2   5  0.250  0.600

連覇を狙う同馬にとって斤量58キロは多少不安だが、得意の東京コースなだけに今回も中心

ジャスティンカフェ】 父エピファネイア×母カジノブギ

  重賞0勝

1着 2着 3着 着外 出走
回数
連対率 複勝率
芝・左   3   2   1   0   6  0.833  1.000
東 京   1   0   1   0   2  0.500  0.500

アーリントンC13着以来の重賞挑戦になる同馬、充実した今ならばこのメンバーに入っても末脚の切れは上位、ここを勝てば秋には大きい所でも期待が高まる

シャドウディーヴァ】 父ハーツクライ×母ダイヤモンドディーバ

  重賞1勝

1着 2着 3着 着外 出走
回数
連対率 複勝率
芝・左   2   5   2   7   16  0.438  0.563
東 京   2   5   2   5   14  0.500  0.643

昨年の府中牝馬Sで悲願の重賞勝ちを達成した以降は、不振が続いているがGI競走に中京コースと舞台設定が悪かっただけで、今回のGIIIならば牡馬相手でも変わり身が期待できる。

タイムトゥヘヴン】 父ロードカナロア×母キストゥヘヴン

  重賞1勝

1着 2着 3着 着外 出走
回数
連対率 複勝率
芝・左   0   0   2   4   6  0.000  0.333
東 京   0   0   2   4   6  0.000  0.333

2走前のダービー卿CTで初重賞勝ちし、前走の京王杯SCでも3着と充実期に入ってきた同馬。1600m以上を走るのはセントライト記念以来になるが今の状態ならば面白い

ダーリントンホール】 父New Approach×母Miss Kenton

  重賞1勝

1着 2着 3着 着外 出走
回数
連対率 複勝率
芝・左   1   0   0   2   3  0.333  0.333
東 京   1   0   0   2   3  0.333  0.333

一時の不振から立ち直り再び軌道に乗り始めた同馬、重賞勝ちを収めた舞台で再び頂点を目指す。

ノースブリッジ】 父モーリス×母アメージングムーン

  重賞0勝

1着 2着 3着 着外 出走
回数
連対率 複勝率
芝・左   3   0   0   2   5  0.600  0.600
東 京   2   0   0   2   4  0.500  0.500

同型馬との兼ね合いにもよるが単騎で行ければしぶといだけに、軽視は禁物かなっと


出走予定馬が12頭と今年は少ないが、メンバー的にどの馬が勝っても不思議では今年は難解!!

では、また

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする